NKmedico

予防医療事業 CKDリスクチェック

知ろう、防ごう!慢性腎臓病(CKD)腎臓病予防のための尿検査「CKDリスクチェック」

新たな国民病。慢性腎臓病(CKD)

近年、慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)という新たな病気の概念が注目されてきています。
このCKDは、腎障害を示す所見や腎臓の機能低下が慢性的に続いた状態のことを指しております。
CKDの患者数は国内では1300万人以上で、日本人成人の約8人に1人とも推計されており「新たな国民病」である
といわれています。

国民の8人に1人が慢性腎臓病(CKD)

本当は怖い慢性腎臓病(CKD)

腎臓の病気といってもピンとこない方も多いかもしれませんが、慢性腎臓病(CKD)はそのままの状態で放置されると末期腎不全へと移行し、人工透析や腎移植を受けなければ生きられなくなってしまいます。また、腎臓の働きが悪くなってしまうと心臓・血管への負担もかかり、心筋梗塞や心不全、脳卒中などの合併症も引き起こしやすくなると言われています。

慢性腎臓病(CKD)

CKDリスクチェック検査とは?

慢性腎臓病の早期発見と重症化予防を目的とした検査です。採尿による検査で、腎臓に負担がかかると尿中で上昇する「L-FABP(エルファブ)」と
「アルブミン」という物質を測定し、慢性腎臓病の発症危険度を予測しております。

従来の腎臓の検査では、ある程度腎機能が低下してからでなければ、腎臓へのダメージを捉えることはできませんでしたが、
CKDリスクチェック検査ではより早期に反応を捉えることが可能です。

CKDリスクチェック検査

検査レポートについて

L-FABPと尿中アルブミンの2項目を総合的に評価した、分かりやすい報告書をお返しいたします。また、検査を受診頂いた方には別紙にて
慢性腎臓病(CKD)を予防するためのヒントやアドバイスを記載した冊子も提供させて頂いております。

報告書レポート/別冊資料

検査の案内資料はこちら
報告書サンプルはこちら